Activity

サークル内容

P1000994.JPGTAKE 1(テイクワン)は映画制作を目的としたサークルです。
制作した作品は映画祭やコンクールなどに出品し、賞を獲得することを目標としています。
週に1度(木曜日)の定例会にてミーティングを行い、
普段から、メンバー同士で活発な意見交換を行い、映画撮影に備えております。
撮影時には一致団結して、撮影にのぞみます。

サークルの雰囲気

602353_358137210944585_213848177_n.jpgサークルと言っても部活を意識した団体なので、内容はとても厳しいものとなります。映画を作る事の大変さを、身を持って体験することができます。
短編、長編、ジャンルの異なる作品など様々なカラーの作品が生まれていくので、とても刺激的で面白いです。
作品制作においては、外部から役者の方を呼ぶ等して、より本格的な現場作りを目指しています。

サークルの今後の目標

379041_364414886983484_2120049100_n-1.jpgTAKE1の制作作品は、2012年10月の段階で2作品が映画祭にノミネートされるという実績を残しております。
この勢いを止めず、さらなるクオリティーの作品を生み出していきたいと考えています。
また、映画業界に進みたいという夢を抱いているメンバー達にとって、
TAKE1が良い土台となれればと思っております。


History

2011年
5月
城西国際大学自主映画制作サークル『TAKE 1』創設
11月
鳥取県米子市で開催された「第10回JCF学生映画祭」にて
杉澤 玲奈 監督の『ポーカーフェイス』が学生映画AWARD上位10位に入選
11月
東金キャンパスで開催された「20th JIU Festival」にて『ポーカーフェイス』を上映
2012年
9月
鳥取県米子市で開催された「第11回JCF学生映画祭」にて
中川 寛崇 監督の『雨男日記』が学生映画AWARD上位5位に入選
9月
城西国際大学紀尾井町キャンパスで開催された「第1回JIU学生映画上映会」にて
課題部門として鈴木 雅斗 監督の『HAKO-A-』と
松田 佳那子 監督の『HAKO-B-』を、自由部門として『雨男日記』を上映
11月
城西国際大学東金キャンパスで開催された「21th JIU Festival」にて『雨男日記』を上映
2013年
10月
城西国際大学紀尾井町キャンパスで開催された『第2回JIU学生映画祭』にて佐藤 一輝 監督の『腐ったバナナ』、安澤 優弥 監督の『閉じた恋』を課題部門として、緑川 倫太郎 監督の『コンプレックス』、渡辺 美鈴 監督の『リョウヘイ、お前もか !』、中川 寛崇 監督の『ピクシー』を自由部門として上映。
『ピクシー』がオーディエンス賞、『リョウヘイ、お前もか !』が自由部門グランプリを獲得。
11月
城西国際大学東金キャンパスで開催された「22th JIU Festival」にて『未来捜索』『 腐ったバナナ』『閉じた恋』『コンプレックス』『リョウヘイ、お前もか !』『赤い財布』『HOMEY』を上映
2014年
2月
中川 寛崇 監督の『ピクシー』が第3回学生映画コンクールにて準佳作を受賞。
2月
中川 寛崇 監督の『雨男日記』が全宇宙バクワク映画コンテストにて特別賞を受賞。
10月
城西国際大学紀尾井町キャンパスで開催された『第3回JIU学生映画祭』にて伊豆 監督の『告白』を課題部門として、佐藤 一輝 監督の『同じ空を』、土井 美奈子 監督の『憂国』、原田 冴 監督の『明日に向かって走れ!』を自由部門として上映。
『明日に向かって走れ!』がオーディエンス賞、『憂国』が総合グランプリを獲得。
11月
城西国際大学東金キャンパスで開催された「23th JIU Festival」にて東金 映画部とコラボ。TAKE1は、『同じ空を』『 憂国』『明日に向かって走れ!』を上映。
1月
土井 美奈子 監督作品 『憂国』が、「ちば映画祭 前夜祭」にて上映が決定。(上映予定3/13 18:30〜)